どんな脱毛方法なの!?医療機関で行われる脱毛について

医療機関でのレーザー脱毛はどのような方法なのか

医療レーザー脱毛はメラニン色素だけに反応する光を使った脱毛方法です。脱毛したい場所にレーザーを使うことで、皮膚の下にある毛根に光が吸収され熱をもつことで毛根を破壊します。皮膚に影響を与えないのでダメージが少なく痛みもないんです。医療行為となるので医療機関でしか受けることができません。レーザーの効果が一番あるのがメラニン色素が多い成長期の毛です。何度かレーザー脱毛を繰り返すことで永久脱毛のような効果を得られます。

レーザー脱毛にはどのような利点があるのか

医療機関で行われるレーザーを使う脱毛は、出力が高いのが魅力です。毛根に直接ダメージを与えるので、処理を1度行えば高い効果を実感できます。また、生えてきたとしても産毛のような細い毛です。さらに施術に必要な時間も短く、身体への負担も少ないです。医療に従事している看護師や医師が施術をするので安全性が高いのも大きなメリットです。万が一皮膚トラブルがあった場合も迅速に対応することができ、医療機関なので麻酔なども利用可能です。

レーザー脱毛はどのような手順で行われるのか

医療脱毛を行う場合、まず医師や看護師とカウンセリングを受けることになります。どのような方法で脱毛を行うのか説明があり、注意点も教えてもらえますよ。また肌や毛の質も調べてどのくらいレーザーを出力すればいいのか調整も行うのが特徴です。脱毛前は自分で毛を剃ってくるケースとクリニックで毛を剃るケースがあります。毛を剃った後はジェルを塗ってレーザーを照射し脱毛を行います。アフターケアの方法はクリニックによって違いがあるので、カウンセリングの際に説明を聞いておきましょう。

医療脱毛では、設備の整ったクリニックにおいて医師による施術が受けられるため、安心してムダ毛処理を行えます。