肥満治療には保険が効くことも!先延ばしは避ける

肥満治療は保険適用で可能

肥満が健康に悪影響を及ぼしていると医者が判断すれば、健康保険適用で肥満治療できます。肥満は物理的にも健康に悪影響を及ぼすんですよね。例えば膝です。肥満すると膝にかかる負担がとても大きくなり、減量するのが効果的な対策となります。運動だけしたって痩せられないことは周知の事実で、膝痛があってはできる運動もごく限られてきます。入院治療を勧められるようですね。驚く人も多いんですけど、ちゃんと保険が適用されるんです。

意志の力と食欲の関係

意志の力で眠らずにいられるかってなったら、3日くらいは可能なんでしょうかね。継続してずっとっていうのは無理です。食欲も睡眠欲と同じようなものでしょうから、意志の力で数日くらいは減量向きの食事で我慢できても、ずっとっていうのは難しいでしょう。やはり、医学的な対処が必要なんでしょう。食べ物がすぐそばにあって、食べたいのに食べないでいるって生易しいことじゃないですよ。意志の力でどうにかできるなら、胃の縮小手術なんて起こり得ないわけですから。

入院治療ではまず知識から

入院治療では、食欲抑制剤などでふらふらになるようなことにはならないようです。生活習慣の改善がいかに大事かということを頭に叩き込ませるんですね。退院後にも、入院中のような生活がずっと送れるように。意外に、正しい食生活の知識って得にくいもののようです。入院しないで本を読んで実践しなさいと言われても、巷にはいろんな本があふれていますから、どの本の通りにしたらいいかわかりませんしね。それに、否応なしにそうした食生活を送るという経験も大事なのでしょう。

肥満治療の対応の良しあしは、各医療機関の専門性の高さに影響を受けますが、地道に通院先を選ぶことが重要です。